最近人気の「ONE OK ROCK」の魅力

こんにちは。今回は今話題の「one ok rock」 についての話をしたいと思います。


皆さん、最近頻繁に、彼らの歌を耳にするのではないでしょうか?おそらくCMソングとして使われる機会があったからでしょう。
最近超話題の「wherever you are」

この曲はラブソングで、若い人たちにはとても魅力的だと思います。みなさんも一度は聞いたことがあるかも?

また、「cry out」など英語主体の曲もCMに使われています(日本語も入っていますが)。
「ONE OK ROCK」は英語主体の曲やバラード曲が一躍有名になりましたが、皆さんはそれら以外の曲を知っていますか?
偏見かもしれませんが、最近のワンオクは英語を多く取り入れ、洋楽的な趣向が強くなってきたかと思います。
ですが、昔(※昔には個人差があります)はボーカル、takaの気持ちを素直に歌にした、洋楽的な趣向の弱い、まさにロックと言った曲が多くありました。
例えば、「内秘心書」「カサブタ」「keep it real」などがあり、歌詞には「くだらない前評判と大人たちの世間体」「そしたら大人はソレ見て全てを悪く言うんだろう?」などtakaの気持ちがそのまま伝わってくるものがありました。


CMに使われている曲も、もちろん素晴らしいものですが、そういった曲以外のものを、takaの気持ちを想像しながら聞いてみるのも良いと思います。
自分に当てはまるものや、励まされるものを感じて頂ければとても嬉しいです。
是非、聞いてみて下さい。
ありがとうございました。m(__)m

著:masa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です