2020年東京オリンピック公式競技にもなったスケボーのもう一つの楽しみ方

こんにちは。
今回は二回目のスケボーの記事になります。
スケボー、と聞いて「そういえば…」と思った方はいませんか?
そう、ついに、オリンピック競技に追加されました。と、言っても少し前の話ですが笑
さて、前回の記事ではスケボーの楽しみ方を書いたと思います。

オールシーズンのスケボー
今回は、オリンピックにも焦点を当てながらスケボーについて語りたいと思います。

スケボーのもう1つの楽しみ方

前回、スケボーにステッカーを貼ったりクルージングをしたりと、自分で楽しむ方法をお伝えしました。
では、見るのはどうでしょう。
オリンピックの競技に追加されたので、全世界から超一流のスケーター達が集います。ということは、見たこともないくらいすごい技を持ったスケーターを見ることができるかもしれません。
それは見ていてとてもアメイジング(笑)です。でも、もっと感動したいですよね? はい。
では感動するにはどうしたらいいか、それは、自分の身をもってスケボーの難しさを体験することです。
スケーター達は、軽々とスケボーで移動しますが、素人が一発で出きるようなことではありません。
実際、僕も力まず移動できるようになるまで、何時間も練習しました。


また、オーリーと呼ばれるジャンプをする技や、ジャンプしてボードを回転させるキックフリップと呼ばれる技など、スケボーの基礎の技も呼ばれるものでも、習得にはかなりの時間がかかります。
そして、スケボーをするには技術が必要ですが、それだけではなく、強いメンタルも必要です。例えば、スケボーでジャンプすることを怖がっていたりしてはいつまで経っても技は習得できません。
スケボーの難しさというのは、口でごちゃごちゃ言っても伝わるものではありません。なので、是非体験してみて下さい。
スケボーはその上達を肌で感じやすいスポーツなので、最初のうまく行かなくてつらい時期を乗り越えれば、どんどんスケボーに惹かれていきます。
スケボーは、体を動かすスポーツとしての機能以外に、ファッションにも通ずるものがあります。なので、スケボーをやらない人でも、スケボーショップに寄ってみたりするのも、楽しいですよ。
長々と話しましたが、スケボーは体験するべし!という訳です。
体験したうえで、オリンピックへ集うスケーター達の技術を目の当たりにすれば、あなたは今までに無い驚きと感動を体感できるかもしれません。

一緒にスケボーの世界へ踏み出しましょう(^^♪

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です